スポンサーサイト

    --.--.-- --:--|スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    お屠蘇

    昨日近所のドラッグストアでカイロを買って、お金を払っている時にレジ横に「屠蘇」と書かれた封筒が籠の中に盛られているのが気になっていたのだけど、急いでいたのでそのまま帰ってきました。

    今日になってネットを見ていて、
    「年末になるとお屠蘇を薬局で配ったり、売ったりするのだけれど、それを正月に飲むとその一年病魔や邪気から守られるという言い伝えがある」と書いてあるのを見て、こりゃ買わないとと思ってまた今日行って買って来ました
    ひとつ100円で、ティーバッグをカップ一杯分の日本酒に浸して作ります。

    こんな感じ
    s-R0012361.jpg

    他に入れるものがなかったのでフツーのマグカップで浸出していますが、思わずそのままつかんでぐびっといってしまいそうです(笑)
    これが倒れそうなほどよい香りで、シナモンとかナツメグとかのハーブ系=生薬なのですが、きっと今の季節、体が芯から欲している成分が入っているのだと思います。
    お酒にひたさなくても、包みの香りをかいでいるだけでも気が整ってくるのがわかります。でもこれをお酒に浸すと同時に何か、とてつもなくよいものが発動するような感じがするんです。運が良くなる音がする~~~♪

    明日の朝一番まで待ってから飲もうと思っていますが、待ちきれない・・・!

    お屠蘇

    お屠蘇は、一年の健康長寿を願う薬酒
    新年を寿ぐ祝いの膳に、おせち料理やお雑煮、お屠蘇がかかせません。料理とともにお屠蘇がつきものです。
    「屠蘇」とは、「悪鬼を屠り、死者を蘇らせる」という意味があり、正式には「屠蘇延命散」、または「屠蘇散」といい、十種類近くの生薬を合わせたものです。この生薬を、日本酒やみりんに浸して、成分を抽出したものを飲みます。
    お屠蘇は、中国の唐の時代に日本にも伝えられ、平安時代、嵯峨天皇の弘仁年間に宮中のお正月の儀式として、四方拝の後にお屠蘇を飲むようになったと言われています。時代がくだって一般庶民の間にも広まり、正月三が日や祝い事の日に、疫病邪気を払い、長寿幸福を得る儀式として広まりました。
    昔は、各家庭で生薬を調合し赤い三角の袋に入れ、大晦日から井戸に吊しておき、元旦の朝にお酒にしばらく浸して飲んでいたそうですが、明治以後は、薬種屋で売られるようになり、また飲みやすいように、お酒の代わりに甘味のあるみりんも使われるようになったそうです。

    お屠蘇に使われる生薬の働き

    お屠蘇に処方される生薬は、絶対にこのブレンドという決まりはなく、種類に違いはあるようですが、だいたい白朮(びゃくじゅつ)、防風 (ぼうふう)、桔梗 (ききょう)、陳皮(ちんぴ)、桂皮(けいひ)山椒(さんしょう)、大黄(だいおう)などが使われ、人や地域によってもさまざまの違いがあります。

    お屠蘇の効能は、当然その調合されている生薬によって異なりますが、おおむね健胃、吐き気止め、利尿、抗菌、咳止め、風邪予防、血液浄化、発汗促進、下痢止めなどと言われています。健胃薬や、初期の風邪にも効くことから風邪予防の薬としても飲まれてたそうです。
    寒い時期、また普段より食べ過ぎ、飲み過ぎにもなりやすいお正月に、ごちそうとあわせて飲むのは、単なる儀式だけでなく、健康のためにも理にかなったものいえますね。

    お屠蘇の飲み方市販の屠蘇散1包みを本みりんか日本酒に数時間程浸します(みりんやお酒の分量、ひたす時間は購入した屠蘇散の指示書に従ってください)。後は包みを取り出してたらできあがりです。
    子どももいただく場合はみりんだけでもよいですし、お酒が苦手な方は日本酒&本みりんをブレンドにしてもよいでしょう。
    屠蘇散は、薬局や漢方薬のお店に売っています。年末になると、みりんを買うとおまけとしてついくる場合もあります。使うみりんは、必ず本みりんを使いましょう。みりんは、もともとは「味醂酎」と呼ばれ甘口のお酒として飲まれてきたもので、アルコール類に分類されます(酒税もかかっています)。けれども、みりん風調味料や新みりんといった商品はあくまで調味料で飲用には適しません。中には塩分が入ったものもありますので、お間違いのないようにしてください。
    お屠蘇は、一般に「若い人の生気を年長者にわける」という意味で、年少者から年長者へと盃をおすすめします。地域により、また厄年が人がいる場合などは、別の進め方もあるようです。
    おせち料理をいただきながら、日本の伝統的な風習の中に含まれている、先人の食の知恵や、願いの意味などを伝える機会にしたいものです。

    all aboutより

    いちおう元旦~5日くらいまでの間飲まれているようですが、冬中飲んじゃいけないのかしら?



    今年一年みなさま大変お世話になりました。
    来年2011年はどんな年になるのでしょうか?
    誰にとっても冒険と、驚きに満ちた一年になりそうだと思いませんか。
    きっと世の中よくなります!

    今年も残りあと一時間・・・(早過ぎ)
    どなたさまも素敵な年末年始をお過ごしください
    スポンサーサイト

    コメント

    Re: アルテミスさんへ

    コメントありがとう♪
    さすが、凄いの持ってるわね、強力そう~e-317それはぜひ試してもらわないと!
    たまたま七福神の心理テストのリンクをフゥさんに教えていただいたので、貼らせてもらったところなのです。
    これも何かの偶然かしら?
    私たちみんなに七福神の恵みが沢山舞い降りんことを。
    天使にも、七福神にも頼まないと!
    今年もよろしくですe-420


    No title

    そしてそれは淡路島の
    七福神総本山から送られてきたものでしたv-10

    No title

    お~そういや
    うちにも頂いたのがあったよ
    思いだした^m^
    今からやってみよ~

    非公開コメント

    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    プロフィール

    エンジェルタロットリーダー杏子(あんず)

    Author:エンジェルタロットリーダー杏子(あんず)
    ドリーンバーチューの著書がきっかけで、天使に興味を持つようになりました。占い師としてエンジェルタロットリーディングをしたり、不思議な世界を探索&勉強しています。自分の悩みに、普通とはちょっと違った視点での答えが欲しい人、どうぞお気軽にご相談くださいヽ(´Д`

    最近の記事

    最近のコメント

    カテゴリー

    リンク

    ランキング

    ブログ内検索

    RSSフィード

    QRコード

    QRコード

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。